« 高齢者 | トップページ | 雪の藤原岳 17,2,4 »

2017年1月31日 (火)

御在所 中道 17,1,28

Photo            御在所 大黒岩から富士山を望む 2017,1,28

深い雪 中道登山口からアイゼンを着けずに登り始める。ゆっくり滑らないように一歩一歩登る。晴天で風もなく暑い。ジャケットとベストを脱いで登る。負ばれ石までまで40数分もかかってしまう。登山者が少なく風もなく静かだ。雪を踏む音と靴の鳴る音が心地よい。
 キレットで小休止。ここは風があって寒い。慎重に岩場を下る。以前は楽に下れたのに,歳なのか岩場の様子が変わったのか,緊張する。深い雪を愉しみながらゆっくり登る。岩峰(8合目)で休憩。青空の下 鈴鹿の山々は勿論,乗鞍 御嶽 中央 南アルプス それに富士山も見える。樹氷は予想どおり無いが展望を堪能する。ここでアイゼンを着けさらに登る。
P1281475         富士見岩より 鎌ヶ岳と大黒岩

 朝陽台で昼食・休憩の後,一の谷新道へむかう。トレースはある。踏み固められてはいなくて足下は軟らかいが注意しつつ進む。まずは大黒岩へ。ここも雪が多い。でも誰もいない。ここからも富士山を望むことができる。腰を下ろすことなく撮影をして戻る。
P1281486              大黒岩より ロープウエー

 新道を下ろうとするもトレースが見つからない。膝上20CM近く雪に埋まりながらテープが巻かれた木まで進むもトレースはない。諦めて戻る。
 富士見岩から中道を下る。下るにつれて雪が軟らかくなりアイゼンが効かなくなるもそのまま下る。
 雪は多いが春のような一日,雪上ハイキングを愉しむことができた。
 

« 高齢者 | トップページ | 雪の藤原岳 17,2,4 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御在所 中道 17,1,28:

« 高齢者 | トップページ | 雪の藤原岳 17,2,4 »